Good House

企業を運営する場所

バーチャルオフィスを利用して作業効率を上げる企業が増えてきていますが、会社を運営するためには賃貸オフィスを持つことも大切です。場所や作業スペース、費用などを想定して選びましょう。

read more

バーチャルとは

バーチャルオフィスという言葉が出てきていますが、ここではオフィスが果たしていた機能を代替するものを取り上げていきます。 バーチャルオフィスは、オフィスが果たしていた機能をITをつかって代替することであり、電話や受付、会議室を仮想化するものです。 これらはビジネス上での情報共有を果たす機能ですが、ITの仕組みにより、文字通り仮想化することで、どこでも利用できるようになるものです。 特にインターネットの普及により、通信回線の価格が下がってきたり、ITにかかわるコストが下がってきたことにより、利用が拡大してきたのです。 大阪ではこのサービスの普及しており、大阪にある多くの企業が利用しています。また、大阪にはバーチャルオフィスサービスを提供する業者も増えています。 最近ではバーチャルオフィスへの比較も、簡単にできるようになってきたので、どの企業も適切なサービスを選択できるようになってきています。

オフィス機能をバーチャル化するという取り組みは、貸事務所を提供していた不動産業者が、新しいサービスとして、提供してきたことから始まります。 当初は会議スペースを提供するというものだったのですが、その後事務所の機能を切り売りするような形で展開していったのです。 その機能というのが、受付業務だったり、電話応対といったものになっており、共通の機能を複数の顧客に提供するというものです。 その後ITを利用することで、さらに高度化することと、集約化することもでき、その結果提供価格が安価になってきたのです。大阪にある企業では、このサービスを利用したことで業務を効率良く行えたというところもあります。 この事により、バーチャルオフィスを選択することは、ビジネスを遂行する企業にとって、十分に選択肢になる要素となってきているのです。

RECOMMENDED LINKS

環境の重要性

オフィスと言うと、パソコン、机、椅子、ロッカーがあるというイメージが強いです。現在は環境の良いなかで仕事をしてもらおうという企業が増えており、バーチャルオフィスなどを利用する企業も増えています。

read more

賃貸料のアップ

経済が回復する兆しがあるなか、オフィスの賃貸料も上がってきています。特に都心部で起業する人が多く、さらに需要は高まりつつあります。このときにバーチャルオフィスが活躍します。

read more